らんちゅうに白い点やもやのようなものがついていたら何事かと心配してしまいますよね。

白いものが付く病気としては、白点病や白雲病があります。

これらはどのような病気なのでしょうか?

ここではらんちゅうの頭や肉瘤、背中などに白いものが付く病気についてご紹介します。

らんちゅう 病気 白い 頭 肉瘤 背中

らんちゅうの頭や肉瘤、背中に白い点?

金魚に白い点と言えば、白点病が有名ですね。

これは白点虫と呼ばれる寄生虫が原因となり発症する病気です。

小さな白い点が現れたり消えたりし、金魚は痒そうな仕草を見せます。

放っておくと白点の出る範囲が広がり、やがて亡くなってしまうこともあるので、早めに水換えをし、メチレンブルーやグリーンFリキッドなどによる薬浴をするようにしましょう。

立体的な白い点?

らんちゅうなどの肉瘤ができる種類の金魚には、頭や肉瘤から白い脂肪の塊のようなものが出てくることがあるようです。

ニキビのようなもので、この白い点が出てくると、将来その部分の肉瘤が発達すると言われているそうです。

頭や顔、肉瘤以外に白点が出ていないようなら、白点病ではなく、金魚のニキビかもしれません。

スポンサードリンク

らんちゅうの頭や背中に白いもやが!これは病気?

金魚の頭や背中などに白いもやがかかっているように見える場合、金魚が白雲病にかかっている可能性があります。

これは金魚に寄生虫が付き、刺激を与えることで金魚が粘液を分泌している状態のようです。

寄生虫はこの粘液を栄養源として増殖するようです。

症状が進むと膜が金魚全体を覆い、窒息してしまうこともあるので、早めに水換えをして塩水浴などを行うようにしましょう。

傷があるときは水カビ病

金魚に白いもやが付いていて、さらに金魚に傷がついているような場合は、白雲病ではなく水カビ病の可能性が高くなります。

傷口に水カビが繁殖し、白くもやがかかったように見えているのです。

放っておくとカビの範囲が広がり、亡くなる可能性もあるので、白点病同様、メチレンブルーやグリーンFリキッドなどの薬浴をするようにしましょう。

また、水カビは水温が20度を下回ると発生しやすくなるので、ヒーターなどを使用して水温を25度以上に上げることで、薬浴の効果も上がり、回復が早くなる可能性があります。

まとめ

らんちゅうの頭や肉瘤、背中に白い点やもやが出るのは病気の可能性があります。

ニキビの場合はそのままにして大丈夫ですが、病気の場合は重症化する前に薬浴や塩水浴をして治療するようにしましょう。

日ごろの環境管理と金魚を観察することがとても大切です。

スポンサードリンク