らんちゅうの卵には、有精卵と無精卵というものがあります。

有精卵の場合は孵化しますが、無精卵の場合は孵化しません。

またそのまま無精卵を放置するととても危険です。

では、その無精卵の見分け方とはどのようなものなのでしょうか?

調べてみました。

らんちゅう 卵 無精卵 見分け方

らんちゅうの卵の有精卵と無精卵の見分け方

らんちゅうの卵には、有精卵と無精卵があります。

その見分け方もあります。

簡単な見分け方は、有精卵の場合は透明ですが、無精卵の場合は白くなり、周りにカビが生えてきます。

無精卵の場合は非常に残念ですが、水槽から取り除く必要があります。

スポイトや網などで取り除く必要があります。

出来るだけ早く取り除かないと、有精卵にもカビの影響が出てしまう可能性があるので、見つけたら取り除くようにしましょう。

有精卵にも注意が必要

有精卵も孵化させるためには注意が必要です。

無精卵から切り離すというのはもちろんのこと、しっかりと孵化させるためには、水温管理も大切です。

水温管理がきちんとしていないとせっかくの有精卵も孵化させることが出来ないという悲しい結果になってしまいます。

そうならない為にもきちんとした対策が重要です。

産卵巣や水草などをあらかじめ水槽の中にセットしておくと産卵した卵を移動する際に作業がしやすいので、産卵する前に準備をしておくことをおすすめしますよ。

スポンサードリンク

産卵したら卵はどうすればいいの?

さて、有精卵と無精卵を見分けることは出来るようになったと思いますが、らんちゅうが産卵した後はどうすればよいのでしょうか?

卵を産卵してそのままにするという方もいますが、多くの人が推奨しているのが、親のらんちゅうと卵を別々の水槽に入れるという方法です。

こうすることで、親のらんちゅうの様子と卵の様子どちらも観察するのがとても容易になるので、こちらを推奨している人が多いです。

有精卵と無精卵を見分けることも大切ですが、卵だけでなく親のらんちゅうの様子に注意することも大切です。

まとめ

らんちゅうが産卵した場合には、有精卵と無精卵を正しくわけて無精卵の場合は早めに取り除くようにしましょう。

スポンサードリンク