可愛らしく、ふわふわとゆっくり泳ぐ丸い姿で、インテリアとしても人気が高いらんちゅうはご存知でしょうか。

そんならんちゅうを飼おうと水槽や水草を集めても、金魚は水草を食べてしまうと聞いたら、何を用意してあげるべきか迷ってしまいます。

水草を与えることでメリットやデメリットがあるのかをまとめていきたいと思います。

らんちゅう 水槽 水草 必要性 メリット デメリット

水草は必要?

水槽に入れるために買うだろう水草にはたくさんの種類がありますが、金魚はお腹がすいている状態のため、基本的に水草は食べてしまう傾向にあります。

では、水草は本当に必要なのでしょうか。

水草が必要になる理由としては、見栄えのいい演出を水槽内で行いたいということや、金魚がストレスをためないように隠れさせれること、水を綺麗にしてくれる効果があること、産卵時に使用できること、などがあります。

水草は、こういった点を踏まえると必要です。

しかし、その逆で必要でないこともあります。

水草が必要でない理由としては、金魚の鑑賞が出来なくなること、金魚が水草を食べてしまうこと、腐ってしまったり枯れてしまうこと、水草に農薬などの薬が付着してしまっていることが挙げられます。

金魚のためだと思いますが、必要ないこともあります。

スポンサードリンク

金魚にとっておすすめな水草は?

メリットとデメリットはあるものの、やっぱりインテリアなども検討しながら水草は入れたいと思います。

では、実際に入れようと思うと、どんな水草がいいのでしょうか。

一般的に知られている水草だと、金魚藻と呼ばれている種類があります。

これは、いくつもの水草の総称で、マツモやアカナリス、カボンバなどといった種類が存在しています。

これもそれぞれに性質があるので、使いやすい水草を購入することがおすすめです。

マツモは水に浮かぶタイプの水草で、浮かべておくだけという手軽さがあります。

アカナリスは植えるタイプの水草です。

育てるのは少し難しいですが、見た目がとてもいいためインテリアに向いています。

カボンバは底に根付く水草です。

光を十分に与えなければいけないなど、かなりの制約があり育てるのが難しいです。

インテリアとして見ると、難しいけれども育て甲斐がある水草なので、飼育をしたい人にはおすすめです。

まとめ

水草にはたくさんの種類があるので、どれが一番自分に合っているのか、育てやすいのかを検討しながら選ぶといいかもしれません。

自分だけではわからなければ、店員さんと相談してみることをおすすめします。

可愛いらんちゅうがストレスをためたりしないよう、元気に泳がせてあげたいですね。

スポンサードリンク