ゆったり、ふわふわと泳ぎ、古来より愛好家から愛され続けている高級金魚、らんちゅうはご存知でしょうか。

最近では、たまに金魚すくいの水槽の中にいたりして、目にする機会が多くなってきたように感じます。

しかし、そんな可愛らしいらんちゅうですが、その飼育は結構難しいこともあり、いろいろな準備が必要になります。

家庭でらんちゅうを飼育する際、水槽でどう飼育すればいいのか、その準備をどのように行えばいいのかをまとめてみたいと思います。

らんちゅう 水槽 飼育 方法 準備

らんちゅう飼育に必要なあれこれ

らんちゅうの飼育に必要になるものを出していくと、相当の金額を使用しなければいけません。

金額をかければかけるほどいい飼育ができますが、一般の家庭ではそれは難しいことだと思います。

そうなった場合でも、水槽や餌、水草はしっかりと用意してあげないといけません。

昔だと、コンクリートの素材でできた水槽が、らんちゅうの飼育や発育に一番いいとされていましたが、最近では庭のない家庭も多く存在するため、あまりお目にかかることはなくなってきました。

スポンサードリンク

気軽に飼えるようなもので必要な準備は?

らんちゅうの飼育にはいろいろなものが必要になりますが、最初に準備すべきものは何といっても水槽ではないでしょうか。

水槽には、ガラス製のものと、アクリルタイプのものがあります。

ガラス製は、インテリア的にもいいもので、置いておくだけでどこか華やかな印象になります。

ただどうしても割れやすく重いのが難点です。

アクリルタイプの水槽は、なんといってもまず割れにくく、重さもそこまで重くないため、水替えでは重宝します。

お部屋に合わせて水槽を選ぶといいかもしれません。

次に必要になるものは濾過フィルターです。

こちらも多数の種類が存在していて、濾過能力が高いものや、インテリアを重視したもの、入れるだけで手軽に使用できるものなど様々です。

濾過フィルターは、使用する理由に合わせて選択し、店員さんに相談して決めるのがおすすめです。

水草や、底に入れる砂利も、らんちゅうの身体の大きさによって入れるか入れないかはまちまちです。

特に、水草に関しては、金魚が食べてしまうことが多いので、出来るだけ手軽に飼えるような金魚藻という種類がおすすめです。

マツモや、カボンバ、アカナリスが知られています。

まとめ

らんちゅうの飼育に必要なものをしっかりと揃えてから、家に招いてあげたいと思うでしょう。

可愛いらんちゅうを飼うからこそ、ストレスを溜めないような環境作りが必要になります。

自分の手が出せるものを、効率よく買ってあげたいと思います。

スポンサードリンク