ふっくらとした姿と、優雅な泳ぎ方で愛好家が多い金魚、らんちゅうはご存知でしょうか。

水の質や、餌などを繊細にしなければならない生き物です。

そんならんちゅうは、どんな水槽で飼わなければならないのか、それを考えてみたいと思います。

らんちゅう 水槽 サイズ 深さ

らんちゅうに合う水槽を考える

らんちゅうは浅い水槽がいいのですが、具体的にはどれほどの深さのものがいいのでしょうか。

らんちゅうという金魚は、泳ぎも優雅にゆったりとしていて、観賞することが目的とされている金魚です。

らんちゅうは、元々が広い池で飼育や繁殖をされる金魚としての品種なので、背びれが無い珍しい金魚のため、水が流れるのも得意ではないです。

水深も大事ですが、広さと流れが起きないような水槽にしなければなりません。

小さならんちゅうもそうですが、大きならんちゅうの場合は、一般的な60cmの水槽でもストレスをかけてしまう可能性があります。

スポンサードリンク

らんちゅうへの水槽はどんなものがいい?

水槽には、ガラスタイプの水槽と、アクリルタイプの水槽があります。

それを購入するのに、価格がどうしても関係してきます。

一般的な60cmの水槽では、ガラスの方が安くなっています。

120cmなどの大型の水槽になると、アクリルの方が安くなります。

ガラスの水槽のメリットとしては、傷がつきにくい素材で出来ているので、年代によっての変化や、劣化が少ないのが特徴です。

逆に、落とした時に割れやすいこと、かなり重量があるので重いといった問題があります。

アクリルの水槽のメリットとしては、衝撃にとても強い点があげられます。

そして、ガラス素材に比べると軽いものなので、持ちやすいのもあります。

しかし、デメリットとしては強度があまり高くないので掃除をするだけでも傷が入りやすく、湿度の変化や紫外線にも弱いので、透明度がどんどん劣化しやすいです。

水槽はどんなものでもいいのですが、少し浅め、そして大きめの水槽がらんちゅうには最適だと言えます。

まとめ

らんちゅうに適した水槽を選ぶために、その大きさや性格などを考慮しながら選ばないといけません。

どの水槽が合うのか、合わないのかを見極めながら確認していくのが、らんちゅうを飼育するうえで大事なことなんだと思います。

スポンサードリンク