水槽の中をゆったりと泳ぐ優雅な金魚、頭の辺りがふっくらと膨れている丸いフォルムの可愛いらんちゅうはご存知でしょうか。

古くから愛好家に愛され続け、品評会なども開催されている人気が高い金魚ですが、その飼育はなかなか難しく手軽に飼えるとはあまり言えません。

しかし、難しいとは思いつつもやはり飼いたいと思うでしょう。

そんならんちゅうの水槽環境はどうすればいいのかをまとめたいと思います。

らんちゅう 飼育 水槽 水深 温度 コツ

水槽はどんなものがおすすめ?

まず、らんちゅうは本来ならばかなり広いところで飼育するのが最適といえます。

庭があれば庭が一番いいのですが、普通の家庭にはあまりないと思います。

その場合は、ペットショップでらんちゅう専用の大き目の水槽を購入するのがおすすめです。

大きさ的には、幅が60センチ、水深は30センチ程度がいいかと思います。

ただ、大きいと大きいだけらんちゅうには住みやすい環境になるので、できるだけ大きいものを揃えてあげてください。

狭い水槽で、餌を通常のスピードで与えていると、いつのまにか肥満状態になってしまいます。

そのため、運動不足にならないようにという考慮の上、大きい水槽をおすすめします。

スポンサードリンク

らんちゅう飼育に必要な最適温度とは?

らんちゅうの飼育には、水温をしっかりと保ってやることが重要になります。

らんちゅうという金魚は、温度に適応できる金魚なのでマイナス1度くらいから、38度の水温でも問題なく動けます。

しかし、急激に変化してしまう水温にめっぽう弱く、1日の温度差が10度など変わる場合はヒーターを使用したり、日差しで水が温まらないように遮ってやらなければいけません。

ヒーターで調節してやると、病気の時に治療として役に立つほか、大きく育っていったり、繁殖の時期や孵化の日数コントロールができる状態になります。

しかし、四季を感じなくなったらんちゅうは、肥満体質になったり、虚弱体質になったりもするので、注意が必要です。

おすすめは、ヒーターは急激な温度変化の時のみに使用し、普段はそのまま自然に任せた方がいいです。

まとめ

らんちゅうの飼育をしっかり行うためには、水温の調節が一番重要になってきます。

水温を調節してやることで、大きく育ったり丈夫に育ったりします。

本やネットの情報を参考にするほか、店員さんに聞いてみるのがいいかもしれません。

スポンサードリンク